高島 勇二の会社はMCJと言います

高島 勇二の会社を初見で解読できる方は少ないと思います。
今の日本はアルファベット3文字の会社が非常に溢れており、その由来を読み解くのが非常に難しいと言えます。
ただし高島 勇二の会社は、社長メッセージでしっかりと由来を発表しています。

高島 勇二の会社はMCJと言います。
株式会社MCJやMCJグループとも呼べますが、一般的にMCJのアルファベット3文字で通用します。
その意味は「マウスコンピュータージャパン」です。
少なくとも、初見でこの訳し方が出来る方は居ないと思います。
コンピューターやジャパンはともかく、Mの候補は多すぎです。
下手をすれば、人名かもしれません。

高島 勇二の会社はホワイトボックスPCを製造・販売している所です。
ホワイトボックスはノーブランドを意味し、ひとつのブランドにこだわらず、複数のメーカーのパーツを組み立ててパソコンを製造します。
こうした事業は生産規模が大きくなるほどコストが下がるため、必然的に数社の最大手に収まる傾向があります。
そして高島 勇二の会社はそのうちのひとつです。
ホワイトボックスPCが欲しいなら、高島 勇二の会社に頼るのが一番だと言えます。

パソコンは生活していく上で欠かせないアイテムにまで発展しました。
今やテレビと同様に、パソコンは娯楽の中心にあると思います。
中には勉強道具としても使っており、パソコンがないと学校の宿題が出来ない時代になりつつあります。
そして仕事をする上でも大いに役に立ちます。
平成初期だとパソコンはまだ珍しいものでしたが、今や一人一台所有するのは当たり前で、出来るオフィスマンは一度に三台以上のパソコンと モニターを使って操作しています。
まるで千手観音のように働いています。
高島 勇二の会社は、一般家庭はもちろん、オフィスにパソコンを卸すこともしています。
特に出来るオフィスマンは超高性能なパソコンを求めており、市販されているものでは力不足になってしまいます。
高島 勇二の会社なら、好みにあったデザインと性能を求めることが可能で、特注で注文する人が後を絶たないのではないでしょうか。